読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kumak1’s blog

kumak1のイラストや技術ログ

Webエンジニアの「金の弾丸」について

「金で解決できることは、ある」

汚い大人になってしまった感がモリモリありますが、割と大事。

Web開発って基本的に、フリーのOS、フリーのミドルウェア、フリーのツール、を使って開発をする、いわゆるOSSの文化が一般的。

が、なんかどうも個人的にもにょっとするところがあるのです。

望むもの

もちろん、その文化を理解し、使えるようにしておくのは大事。

ちょっと借りたPCや、サーバにSSH接続したらチンプンカンプンだなんて論外ですからね・・

けど、やっぱり自分のMacではもっと楽したい。

Macさえあれば、.dotfiles でちょちょっと」というのも素敵ですが、その管理ですら面倒だ。

ツールインストールするしたらもう、ある程度使えるようになっててほしい。

と、いうことで、金で解決しよう。

絶好調で使っているもの

今回は自分の使っているものをただ羅列するだけだけど、

見た方にも「私これ使ってるんです、超オススメです」っていうのを教えてもらいたい。

また、本記事では基本的な使い方は説明せず、

「ここが良いんだよ」っていうことをピンポイントで書きなぐります。

他ブログのアプリエントリ記事って、使用感が中々かいてないので、参考になれば。

Alfred Powerpack

概要:色々起動したりできるやつ

価格:17£

どんなの?

  • スニペット呼び出し
  • 1Passwordとの連携
  • Web検索との連携
  • 電卓

アプリランチャが基本となりますが、他にも色々と便利。

特にスニペットは重宝していて、よく書く定型文は登録し、Dashも使わなくなりました・・・

上で挙げた以外にも、クリップボード履歴、iTunesの曲名指定再生、WorkFlowなどなど、

絶対入れたほうが良いと断言できます。

1Password

概要:個人情報を保存するやつ

価格:Mac $49.99 iOS $9.99

どんなの?

こんな感じで、ログイン情報、クレジットカード情報、ファイルの保存や、強度の高いパスワード生成などができる。

Mac秘密鍵、公開鍵などの.dotfilesを保存しておいてもいいだろう。

最近は2要素認証用のone time password の発行にも対応した。

昨今はセキュリティが騒がれる時代なので、これを用いてサイト毎に別々のパスワードを登録・管理すると良さそう。

できれば、MaciOSで合わせて使って、

「強度高いパスワードにしたはいいけれど、iPhoneからアクセスできねーよ・・」っていう状況を回避してもらいたい。

IntelliJ IDEA

C、C++C#objective-CSwiftVB 以外はメジャーな言語はほぼカバーできるIDE

vim や sublimetext や Atom もいいけれど、プラグイン管理に疲れてしまった・・

DBへのアクセスや、Git操作なんかもOK。

エディタにBrameを表示できたり、コミットログを近くに表示できたりと便利。

ローカルでも独自のバージョン管理をしているので、「うっかり消しちゃった」がなくなる。

コードリーディングの際に力を発揮し、ファイル名検索、クラス名検索、プロジェクト内全文検索、クラス内構造解析などなど、

とにかくキーボードショートカットでできることが多い。

設定項目を検索できたのは感動すら覚えた。

クイックスタート新機能紹介をみてもらえるといいかもしれない。

最後に

とりとめもない紹介記事となってしまったけれど、どうだろうか。

「フリーツールを組み合わせて最強にするんや!」もいいけれど、

「金を払ってシンプルに」という選択肢もいいかもよ