読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kumak1’s blog

kumak1のイラストや技術ログ

VPS(ConoHa)を docker-machine で操作する

雑なメモ

ここ最近、webアプリの開発環境もリモートサーバで構築して動作確認してしまっている。

https://github.com/direnv/direnv で以下のように環境変数を登録してしまえば、ローカル感覚で(要いんたーねっとだが)扱えるので便利。 .envrc の記述は以下の通り。 ConoHa の設定のテナントIDとか、設定は自分好みにのに当てはめて利用してください。

# ConoHa の設定
export OS_TENANT_NAME=foo
export OS_TENANT_ID=foo
export OS_USERNAME=foo
export OS_PASSWORD=foo
export OS_AUTH_URL=https://identity.tyo1.conoha.io/v2.0

## ConoHa のコンテナ設定
export OS_FLAVOR_NAME=g-1gb
export OS_IMAGE_NAME=vmi-ubuntu-16.04-amd64

# Docker の設定
export COMPOSE_PROJECT_NAME=foo
export COMPOSE_FILE=docker/docker-compose.yml
export MACHINE_DRIVER=openstack
eval "$(docker-machine env $COMPOSE_PROJECT_NAME)"

設定完了後は .envrc を読み込んだディレクトリ上で以下コマンドを実行すればホスト作成してくれる。

docker-machine create $COMPOSE_PROJECT_NAME

あとは docker exec なり docker-compose で煮るなり焼くなり