読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kumak1’s blog

kumak1のイラストや技術ログ

ここ最近の動向

こんにちは、くまきです。

社会人になったら、想像以上に「時間」やら「スケジュール」やら「タスク」なんて言葉に翻弄される毎日です。そんな中、細々と絵の活動も続けておりますとも。

ジャケット?

まずは、ひょんなことから玉咲遙香さんという、ニコ動で音楽を発表している方と知り合い、アートワークを担当させていただきました。プログレハウスで不思議な感覚に包まれる曲を作る人で、すごく面白いのです。ぜひご視聴あれ。

曲は「こちら」から

 

イメージについての解説?やら思惑やら

「落ち葉」でイメージ検索した感じで!  という指定があったので、全体的な雰囲気はもう当初からまとまっていました。 そこからどうにかこうにか ひねって、その曲らしさ、私らしさを表現していくわけですね。

音として、中低域が薄めだったので、画面配置も中央から下を開けてみましたw  高音域の金物なんかの印象が強いので、上部にタイトルを白でシンプルに・印象深く。エッジのコントラストもキッチリはっきりとさせています。

タイトルの「e」や「a」の穴の部分が塞がっているのは、Silent だから口を塞いでしまえ という安直な発想から来ています。 けれど意外とかっこよくなったのではないでしょうか。

背景は、音の波と、葉の静脈を一緒にあらわせたらなーと狙ったものなのですが、ちょっと渋くなりすぎましたね。  水玉?斑点?のようなものは、曲にある優しいゆらぎを表現できたらと・・ こっちもどうなんだか

 

こんな思惑を持って作ってるんですが、

まぁ、伝わりませんねww

 

 

夏のコミケとか

来年2012 夏にフルカラー本を出そうか!

なんて、最近 絵描きの友人らと話しております。  まだまだ構想段階ですが、私は「超低空活劇少女もの」のフルカラー漫画を描こうと思っています。

昨今のブームとして、ストパンやら魔法少女やらでは、超高速・超高度・ドハデ!な映像が楽しめます。  けれど私が好きなのは、08小隊やターンA(両方ともガンダムで申し訳ない)であった、重力場の感じる動きなんですよね。  ものすごく頑張って、ようやく動きのベクトルを変えられる、制限の中にロマンを感じます。

そういったものを書く予定なので、見かけた際はよろしくお願いします。